2007年10月11日

2007年10月11日のお昼
私達夫婦の
大切な・・・尊敬する・・・いつもご迷惑かけっぱなしの・・・
福島県のTさんが亡くなりました。

Tさんは、リリうらパパの大学時代の先輩なのですが
リリうらパパは学生時代からとても可愛がっていただき
卒業後も同じ職業という事で
仕事の事や個人的な事や趣味の事(趣味が一緒なので・・・)
ほとんど毎日のように電話やメールで連絡をとっていた方です。

病名は、急性骨髄性白血病。

昨年の12月に突然病気になり治療が始りましたが
Tさんは、一度も「辛い」とか「逃げ出したい」とか弱音は
はきませんでした。
抗がん剤の副作用というものは、想像できないほど痛ましいもので
「生きたい!」という切なる願いがなければ
とうてい耐える事はできないほど過酷な苦しみを伴います。

何度も外泊許可も出ていて、治療も順調に進んでいたので
「絶対、治るんだ!」と私は信じていました。

亡くなる前日の夜まで意識もしっかりしていたそうで
11日の朝5時にtちゃん(Tさんの奥様)から
「あまり良くないようなの・・・」と連絡をいただき
リリうらパパは、電車を乗り継ぎTさんに会いに病院へ向かったのですが
その後、容態が急変してしまい
お昼頃、心臓が止まってしまったそうです。
残念な事にリリうらパパは、まにあいませんでした。

この病気が悔しいです。

とても残念で、まだ頭と心の整理がつきません。

私が電話に出ると「●●ちゃん、元気かい?」と
必ず声をかけてくれていました。
Tさんからもう二度と電話がかかって来ないなんて信じられません。

リリうらパパは、病気になってから
Tさんの事を考えると、いつも涙が出ていたそうですが
安らかなきれいな寝顔を見る事ができて
少し安心したそうです。

人の命というものは
その人だけのものではなく
その人と関わった人たちに、そのまま広がるような気がします。

今は、とにかくゆっくり休んでほしいです。
お疲れさまでした。
     

by lilyuran | 2007-10-18 23:29 | つぶやき | Comments(3)

Commented at 2007-10-30 16:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lilyuran at 2007-11-02 02:13
★らぴちゃんへ お返事遅れてごめんなさい。。。
「あぶくま先生だけは、絶対大丈夫!元気になる!」と
信じていましたので私も今でも信じがたい思いで一杯です。そして、心の中がポッカリ穴が開いてしまいました。
「毎日レバコールと清心丸飲んでるから副作用も全然辛くないんだ。」とか「俺は絶対死ないよ!」とか言っていましたので、、、このような結果が出たことを一番びっくりしているのはあぶくま先生本人かもしれません。
とても残念でなりません。
ニュートンに協励会の事を教えてくれたのは
あぶくま先生なんです。そして、協励会の暖かい仲間を
巡り会わせてくれたのもあぶくま先生です。
ここで暴露しちゃいますが
あぶくま先生とニュートンは、ケヤキ先生の
ファンクラブの会長と副会長なんですよ。



Commented by lilyuran at 2007-11-02 02:18
★らぴちゃんへ つづきです。
11日の日ニュートンは、あぶくま先生に会いに
新幹線で病院へ向かったのですが、間に合いませんでした。でも、ご自宅で見たあぶくま先生のお顔は
とても優しく笑った寝顔をされていたそうです。
「もしかしたら、やっと辛い治療が終わり恐怖心からも解放されて、ホッとしたのかも。。。」と
お顔を見てニュートンは安心したと言っています。
あぶくま先生の事だから「あっはっは〜」と笑いながら
これからもずっと空から見守って下さってると思います。

きっと、わたしたちの心の中で生き続けると思います。
   永遠に。。。