雪道運転 “マナーとテクニック”

昨日は2時からリリーとうらんのトリミングの日でした。
いつも仕事帰りに迎えにいくので、7時過ぎまで
預かっていただいているのですが・・・
昨夜、リリーとうらんを迎えに行き車に乗せて自宅へ帰る途中、大変な事が起きました。
ここ2,3日とても暖かく雨が降ったりで道路の雪がグチャグチャになり
夜になると湿った雪はかなり深い恐怖の3本わだち になっていました。
道路幅が狭いと“わだち”3本になるのですが
3本のわだちのうち中央の一本は対向車と共用している状態です。
もし、この状態で対向車が来た場合、中央のわだちをはずして左側に
よけなければなりません。
ただし、3本わだちになる理由は 道幅が狭いか路肩が危険な場合です。 
左に寄りすぎて自爆する可能性もあります。案の定、私の左側は小さな川がありました。
大事なことは、対向車を待つ勇気!自分の安全を確保できる場所
確実に道が広い場所で左によける。 わだちが4本になっている場所で待つ。
これが確実です。。ちょうど仕事を終え誰もが家路を急いでる時間帯なので
対向車がどんどんやってきます。対向車を通り過ぎるのを待ちやっと
流れが止まったのにもかかわらず、アクセルを踏んでも今度は私の車は少しも動かず
道路脇の深い雪でお腹がついてしまっていました。その時、前方から60代の男性運転の
白い自家用車がどんどん近づいて来て私の隣でピタリと止まりました。
窓を開けて見てみると車体どうしがくっついてしまっているではありませんか。
もう、心臓バクバク、手足ブルブル、冷や汗ダラダラ、目の前が真っ白。。。
道路が通行止め状態になってしまったので、アッという間に大渋滞。
相手のおじさんが降りてきて私の助手席のドアを開け、大声で怒鳴り始め
私はどうする事もできずお手上げ状態・・・。リリーとうらんも知らないおじさんの
声にびっくりし「ワンワンワンワンワン!」と吠え出すし。
7時から会合中のリリパパに「車が大変!SOS!」と電話をしましたが
パパの会議会場から現場まで車で30分以上はかかる距離。
そこでトリマーさんのお家からまだ近い所にいたのでトリマーさんのお家に
電話し「車が大変な事になって・・・スコップ貸してちょうだい。。。」と。
すぐトリマーさんとティナパパ(旦那様)とむすこちゃん(中学生)の3人が
かけつけてくれて、ティナパパのかけ声指導で見物客のみなさんで
おじさんの車を持ち上げて私の車から離してくれました。
そのおかげで、私の車は無傷!相手のおじさんは、ティナパパが来たら態度が
がらりと変わり、大勢の人にご迷惑をかけたのに“ありがとう”も“すみません”もなく
逃げるように去って行きました。遅れてかけつけたリリうらパパやティナパパが言うには
「こっちが女だから弱いと思って強気に出てたんだよ。車の修理代とか請求するこんたん
だったのでは?(振り込め詐欺?)」と言ってました。
世の中、良い人と悪い人がいるんだなぁ〜としみじみ。。。

車の中にいるリリーとうらんの事を心配し
トリマーさんが何度も「リリーちゃんとうらんちゃん大丈夫?」とか
いつもは“リリちゃんのママ”と私のことを呼んでいるいますが
昨夜は慌てていたので、大きな声で リリママ〜リリママ〜と言うので
周りにいた人たちがみんな私の事を不思議そうに見ていました。

そうそう、今日はバレンタィンディーです。
パパは女子ばかりのとても恵まれた?職場環境にいるので“義理チョコ”を
たくさんいただいたようで、嬉しそうですが・・・
私は今日現在も昨夜の事件が忘れられず動揺中です(涙)。
by Lilyuran | 2006-02-14 14:25 | つぶやき

リリー長女 白黒シーズー。2013年9月1日14才2ヶ月で天使になり虹の橋を渡って行きました。      うらん 次女11才 白茶シーズー。犬見知りな甘えん坊の健康優良児。自分を人間だと思っている 。


by lilyuran
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31