うらん元気です♪

みなさまに、ご心配おかけしました。

おかげさまで、うらんはもちろん
私もパパもリリーも落ち着き、普通に生活しています。

たくさんのお友達から
応援メッセージ、メール、お電話までいただき
感謝の気持ちで一杯です。
みなさまから背中を押していただき、とても励みになりました。
どうもありがとうございます。

うらんですが・・・

4月7日の朝、突然呼吸が苦しそうになりました。
最初は「鼻づまりかな?」とのんきな事言ってたのですが
だんだん、苦しさのあまり廊下へ走ってはパタンとふせをし
リビングへ走って来てはパタンとふせをし
うらんは、あまりの苦しさに走り回り
そして私の膝に頭を埋めて「助けて〜」と。。。
私は、抱っこして「うらん!うらん!」と叫ぶしかできませんでした。
口の中を見ると真っ白になっていて、またまたビックリ。

すぐかかりつけ医院へ走り「うらんが呼吸困難です!」と私が言ったものだから
診察時間前でしたが緊急で診て下さって、しかし
診察台の上のうらんは、元気にシッポを振って先生に愛想を振りまき
口の中は赤色。呼吸も普通。聴診器を当てても普通。

でも私の言った 「“呼吸が苦しそう” “口の中が白い” からすると
『心臓の病気』かもしれませんね。  ちょっと様子を見ましょう。」と
おっしゃり、念のため点滴をしていただき帰って来たのですが
心配性の私としては
「心臓の病気」というだけですぐに生死にかかわってしまうのではないか?
と、不安と恐怖で頭の中はパニック。。。
まごまごしている間に手遅れになってしまうのではないのかと。

「様子を見ましょう」は
どうしても耐えられなく3日後セカンドオピニオンを・・・
青森市内(私の運転だと自宅から1時間以上かかる)の
有名なK先生に診ていただきました。

7日の朝の様子を私が話すと
心電図、レントゲン、超音波・・・と検査をすることになり
検査は20〜30分だったのですが
待合室にいた私は2、3時間くらいのように感じました。

結果は“心臓肥大の初期症状”とわかりました。
レントゲンには、まだ肥大しては写っていないのですが
心電図と超音波には、たまに収縮の弱い時があったそうです。

でも、まだ初期症状で
しかも3才4ヶ月で年齢も若いから

    「塩分ぜったいダメ、肥満ぜったいダメ、ストレスもダメ、
     シャンプー&ドライヤーもひかえる・・・をしたら大丈夫!」
と言われましたが
その後で
   「心臓の病気は、治療しても治る事は絶対なく
    これ以上、悪くならにように予防するしかない。
    今は、心配ないけど将来的には、心臓病になるかも・・・
    早めに心臓の薬を予防的に飲ませた方がいいですね。」
と言うお話もされました。

その時の私は
頭の中は真っ白。涙を押さえるのに必死でした。
うらんがじっと私の目を見ているの我慢です。

心臓の病気について自分なりにたくさん勉強しました。

当のうらんは、あの日以来もうすっかり元気です♪

いっぱい心配し落ち込みましたが

気をつけないといけない大事なことが、早くわかって
結果的には、良かったのかもしれないと
最近は思えるようになりました。

文章が長くなってしまいました。

また続きを書きますね・・・

今からカットダウンに行く前のうらんです。
最後のロングコート記念のムービー!



by lilyuran | 2007-05-15 12:05 | リリうらの健康手帳 | Comments(0)

リリー長女 白黒シーズー。2013年9月1日14才2ヶ月で天使になり虹の橋を渡って行きました。      うらん 次女11才 白茶シーズー。犬見知りな甘えん坊の健康優良児。自分を人間だと思っている 。


by lilyuran
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31